プエラリア 摂取量

プエラリアと美白効果〜摂取限度量とは

プエラリアの美白効果を考える

女性ホルモンであるエストロゲンに似た働きをする成分をもつことから、話題になっているプエラリア。これは、有名な大豆イソフラボンの40〜50倍の力を持っているとされ、その効果の高さが期待されています。
バストアップのためのサプリメントやマッサージクリームとしても有名ですが、美白効果を促すものとしてもその名前があがってきます。実際に、「白くなった」「美白効果がある」と答える人も多いですから、その効果はある程度期待できると言えるでしょう。

プエラリアの摂取限度量とは?

しかし一方で、プエラリアはその効果の高さから、危険性を指摘する声もあります。特に、「不正出血があった」「胸がはりすぎて痛い」というように、サプリメントの中ではかなり深刻な種類の副作用も多く、使用にはある程度の覚悟が必要になります。そのため、摂取量は厳守しなければいけません。しかしプエラリア自体に対しては、日本では明確な基準が示されていません。
ただ、大豆イソフラボンは1日で30mg以下(食事からとるものを除いた数字)、原産国であるタイでは、プエラリアの摂取量は1日で100mg以下とされています。イソフラボンよりも高い効果のあるものが、いくら海外とはいえ、限度量で上回るというのは興味深いところですね。
プエラリアは明確な基準がないこともあり、業者の中には、1粒に含まれるプエラリアの含有量を明記していないところがたくさんあります。しかしこれはあまりにも危険です。上であげたように、プエラリアの副作用はかなり深刻なものが多いからです。
そのため、プエラリアを服用したいと考えているなら、含有量をきっちり表記しているメーカーを選びましょう。

 

 

GID MtFさんにおすすめプエラリア